読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚相談所の比較 【2016年最新ランキング】

結婚相談所についてのマーケティングを担当した経歴から、結婚相談所の比較について最新情報をお届けいたします。

結婚相談所の比較 【2016年4月ランキング】

HOME  結婚  相談所  比較

結婚相談所の数は年々増加しており、2016年4月末時点で600を超える結婚相談所の存在を確認しています。これらの結婚相談所を比較してみると、会員数、男女構成比、年齢構成など様々であり、表面的な数字だけを比較していたのでは

どの結婚相談所が良いのか、さっぱりわからない

状況になっています。 また、ネットに氾濫している結婚サイトや婚活パーティーなどの比較情報は、そのほとんどが独自のドメインでサイトを運営している広告業者や、第三者を装った結婚相談所自体の広告サイトであるため、広告料をサイト運営業者に支払っている結婚相談所を上位にしたランキングを掲載したり、ありもしない口コミを勝手に書いているため、その比較は読めば読むほど混乱するだけの状況になっています。

早く結婚して、幸せになりたい。

f:id:gagajpn:20160118202721j:plain

そのためには、まず入り口である結婚相談所の比較について、バッサリ見方を改める必要があります。

入会したらプロフィールマッチングでいきなり10件以上の申し込みがあったのには驚きました。詳細な情報をよく読んで3人の方とお会いしたところ、この3人目でバッチリ!ラブラブな8か月の交際期間を経て、無事、寿退会して結婚できました。実際に会ってみるステップでは躊躇しましたが、結婚アドバイザーの方が親身になって後押ししてくれたおかげで前に踏み出せました。(32歳 女性 埼玉県)

結婚相談所関連の比較サイトに良い評価ばかり書いてあったので入会してみたら、実態は結婚条件のデータのマッチングシステムがあるだけで、あとは不定期な婚活パーティー。結婚アドバイザーに話してみても、ウエブの使い方を説明されるだけで、「個人プロファイルを入力したら、あとはお相手からアプローチが来るまでお待ちください」って。結局、なんのアプローチメールも無いまま2年で退会した。ハッキリ言ってこんな結婚サイトは金と時間のムダ。(36歳 男性 千葉県)

良く見かける結婚相談所の口コミですが、読んでみてどう思われましたか?

比較してみると、上の口コミの結婚相談所は良さそうですが、下の結婚サイトはやめておいた方が良さそうですね。

でも、ここで気づいて欲しいのです。

せっかく比較していただきましたが

この2つの口コミは、わたしが今、勝手に書いただけのものです。

おわかりになったでしょうか?

結婚相談所の口コミや評判なんて、運営者が勝手に書けてしまうのです。こんなの比較してもなんの意味もありません。しかもタチが悪いのは、嘘の比較を書いたからと言って、罰する法律はありません。つまり繰り込みや比較なんて書きたい放題なのが現状です。そもそも一歩引いて考えて見てください。結婚相談所の比較サイトや口コミサイトって、明らかに専門知識を持ったホームページ作成会社が作った画面ばかりですよね。しかもかなりのお金が掛かっていることは素人であってもわかります。結婚人口を増やす慈善事業でお金を掛けてこんなHPを作っているはずはないので、掲載している結婚サイトから広告料を受け取って運営しているのは明白でしょう。ネットであちこちの結婚サイトについて、口コミや評判を比較する労力はいかに無意味な行動であるか、これで理解できたと思います。 ネットで結婚相談所の口コミや評判を比較するのはやめるべきです。比較するだけ 頭が混乱し、時間を無駄にするだけです。

では、どうやって結婚相談所を選べばいいのか?

わたしは2015年4月からの中野にある調査会社で結婚相談所のマーケティングを担当し(ちなみに上のフロアにはディノスさんが入っています)、さまざまな結婚相談所のデータを集め、実際に会員になった人の声を聞いて、比較した結果は、調査資料としてまとめ上げたとき、意外に簡単な理屈で「当たり前の結果」であったと気づいたので、その考え方をご説明いたします。

★規模の小さな結婚相談所は除外すべき

これは当たり前ですが、小さな結婚サイトは会員数が少ないだけでなく、男女比や年齢構成に大きな偏りを持っています。これは小さな結婚サイトの場合、集客、つまり会員を集める上で、得意な分野を持っているため、自ずと集まるひとが決まってくるためです。

★規模が大きすぎる結婚相談所も避けるべき

上とは逆になりますが、規模が大きすぎる結婚相談所に特有の問題があります。データ化とシステム化で効率化を図るあまりに、肝心の結婚アドバイザーを軽視しているため、.2000年以降、優秀な結婚アドバイザーが一気に流出してしまい、結婚アドバイザーとは名ばかりのデータオペレーターの対応になってしまっています。これは大手御三家と言われる結婚相談所の会員で良く言われている話であり、結婚アドバイザーの力量が無いために、成婚より、広告での集客に力を入れていいるため、広く名前は知られていて会員数も多いものの、一向に結婚できないまま年だけ取って退会していく会員を大量に出しているのが実態です。

★データマッチングをメインにしている結婚サイトはほぼムダ

ネットの発達により、年齢、性別、住まい、学歴、職業、身長、体重だけでなく、好みや性格などかなり深いデータのマッチングや比較がネット上で手軽にできるようになりました。こういった技術の進歩を背景に、ネット上でほぼ完結してしまう結婚相談所が数多くありますが、

・多くの男性が希望の結婚相手を20代と設定してしまうため、30代女性は入会してもまったくアプローチが来ない

・多くの女性が結婚相手の年収を800万円以上に設定してしまうので、30代の一般サラリーマンにはアプローチが来ない

といった問題が発生しているのが実態です。

これは、結婚の条件としてそう入力してしまっているのだから、当たり前の結果なのですが、データマッチングではその入力が

「あえて希望を言えば」

ではなく、

「この条件でないと対象外」

となってしまうため、発生している悲劇です。

★会費が安い結婚相談所は危険がいっぱい

現在でも大きな社会問題となっている出会い系サイト。ここではあえてその問題ひとつひとつを挙げて説明はしませんが、どれほど大きな問題を引き起こしているかはご存知の通りです。会費が安い実態は、こういった出会い系サイトの延長と言っても過言ではありません。

費用が安い=本気で結婚を考えている人は少ない

と解釈していただければよいでしょう。

具体的に言ってしまうと、

入会時に15万円前後、月額会費が1万5千円前後。

これがまともな結婚相談所の費用です。

異常に安い結婚相談所は、安いなりのレベルしか期待できませんし、数千円の支払いであれば、良くないことを考える輩が集まってきてしまいます。

家電商品や旅行パックではないので、

「少しでも安いところ」

という意識での比較は危険です。

「この金額を超えて入会する人は本気で考えている人だな」

と思える費用こそが、安全で確実な費用なのです。

わたしがマーケティング調査をまとめ上げ、結婚相談所の比較を良い順に並べたランキングは、結果を見ると、上記の消去法で結婚相談所を消していった残りとまったく一致していました。

つまり、

実態調査で良い結婚相談所として残らなかったものは、論理的に考えても良くない結婚相談所だった。

ということです。

尚、ここでは「便宜上」弊社でのマーケティング調査結果の比較ランキングそのままで上位3社を掲載しますが、実際にマーケティングを担当したわたしとしては、この3つの結婚相談所を比較した感触として、どこがフィットするかは人によると思っています。

調査の中で、わたしが想定外のことに気づいたことがあります。

それは、

結婚相談所から送られてくる資料。

サイトではわからないのですが、紙ベースの資料は、封筒や紙質、冊子の装丁や説明。そういった部分にその結婚相談所の考え方が非常に良く表れています。

申し込むより、まず「資料請求」してみることをお勧めします。

ここで挙げる3社は、資料請求をしても電話が掛かってくることはありませんし、送られてくる資料も結婚相談所からの輸送物だとはわからないように配慮されています。

安心して3社から資料を取り寄せて、その資料の感触を比較して、ご自分に合った結婚相談所に入会することが、現在と結婚を一直線でつなぐ最短距離であり、最も確実に幸せな結婚を手にするお勧めの方法です。

結婚相談所に入会する目的は、婚活パーティーを楽しむことでも、データマッチングシステムで相手を比較することでもありません。

目的は、ただ一つ。

幸せな結婚です。

この点をブラすことなく、ご自分に合った優秀な結婚相談所に入会して、幸せな将来をつかんでください。