結婚相談所の比較 【2016年最新ランキング】

結婚相談所についてのマーケティングを担当した経歴から、結婚相談所の比較について最新情報をお届けいたします。

結婚

HOME  結婚  相談所  比較

結婚が急増している

現在、ネットを介しての結婚が急増している事実をご存知でしょうか?

結婚については良く言われる話ですが、日本では熟年独身者の割合が年々増えており、出生率の低下を招いているため、内閣匿名担当大臣として2007年の安倍改造内閣時に少子化担当大臣のポストが設置され、上川陽子氏が初代につき、その後、中山恭子、小渕優子、福嶋瑞穂、与謝野馨、蓮舫、など蒼々たる顔ぶれで様々な施策が講じられきましたが、一向に結婚状況が改善に転じる傾向は見られませんでした。

 

f:id:gagajpn:20160206192411j:plain

 

結婚が脚光を浴びることとなった原因

結婚が減少している根本的な理由は、社会で働く女性が増えたことが原因であり、それまで日本の因習でもあった、男性が収入を得て、女性は家庭で家事をするという結婚をベースとしたファミリーモデルが崩壊したことにあります。つまり、女性にとってあえて結婚しなくても、自立して生活できるようになり、結婚が不可欠でなくなってしまった環境が根本的な原因です。この結婚の減少傾向は日本だけでなく、欧米やアジアの先進国で共通したスタイルであり、

 女性の社会進出=独身者の急増=結婚の減少

の図式となっています。

一方、男性側にも問題があり、長引く不況のせいで、それまで当たり前の路線であった正社員として働く、以外に、派遣やアルバイトで生計を立てる男性が増えてしまい、平均収入の低下を招く結果となってしまいました。このような背景の中で、もはや結婚しても男性の収入だけでは生活ができないのが現在の日本の実態です。

つまり

 ・女性は結婚して男性に依存する必要が無くなった

 ・男性は結婚しても単独で家計を維持する収入を確保できなくなった

この2つが結婚の減少の根底にある原因です。

また、社会に出た女性が、男性と同様に職場の付き合いの楽しみ方を知ってしまった反動も、結婚して主婦として家庭への拘束を嫌う原因となっています。

なぜ、結婚のニーズが急増したのか?

ネットで結婚関連サイトに入会する人が激増した理由は諸説ありますが、飯島愛さんが2008年に自宅マンションで孤独死した事件が引き金になったと言われています。どれほど有名であっても、多額の稼ぎがあっても、裕福な暮らしをしていても、結婚せずにひとりで生活していると、苦悩を相談する相手もおらず、それこそ自宅で急死してもだれも気付いてくれない現実が社会的に広く知られるようになりました。実際、飯島愛さんの場合、死後、1週間も誰も気づかず、放置されたままだったことは有名です。

このころから結婚しないことによる孤独死がクローズアップされるようになり、特に独身の老人がミイラ化するまで発見されなかったなど、自分の最後の瞬間にだれもいないことの恐怖が現実味を持って広く認知され、特に女性にインパクトを与えました。

伝統的な日本文化における男性の役割が「結婚して家計を支える」ではなく「生涯のパートナー」へと変わっていったのです。しかし同時に古くから日本に合った知り合いを通じたお見合いという結婚文化は核家族化の進行により消え去ってしまいました。

ここで注目されたのがネットでの結婚関連サイトです。

結婚は、その名前の古めかしさからわかる通り、古くから存在したシステムです。しかしながら、ニーズの低さから、ここ10年ほどずっと入会者数は横ばいでした。そこで直面したのが孤独死という現実です。独り身の女性の末路とも言える残酷な結末は底知れない恐怖となり、危機感となっていきました。本来の子を産み育てるという機能に気づかされたとき、可能な限り20代、遅くても30代半ばには出産しないと体力的にきついだけでなく、子供が大学を出て巣立つまで育てきれない事実を直視し、計算するようになりました。しかし、気がついたときに、周囲には適当な異性もおらず、出会いが期待できる環境でもないことから、結婚にどっと人が押し寄せる現象が発生したのが10年ほど前であり、結婚は一大ビジネスとして成長していきます。

結婚の大手であるオーネットが楽天に買収され、パートナーエージェントもIPOを経て上場したニュースからも、結婚のビジネス規模が急拡大していることがわかります。

f:id:gagajpn:20160206192539j:plain

結婚と出会い系サイトの相違点

一方、同じくネットの発達により、男女に出会いの場を提供してきたいわゆる出会い系サイトは、さまざまな社会問題を引き起こし、ここ数年、衰退の一途をたどっています。

このような相違が称したのは、目的が結婚ではなく遊びから、成婚に移行したからだと言って良いでしょう。結婚は総じて高額な費用がかかるものの、そのゴールは楽しみではなく、結婚です。結婚関連サイトへ入会するひとは共通して、結婚を目的としているため、一番目的を達しやすい場となっているわけです。しかも、その多くはできるだけ早く結婚したいと考えているひとであるため、結婚を前提としたプロフィール選び、付き合いの進め方とステップがお互いにわかりやすいので、よく聞く「もう付き合って長いけど、プロポーズの言葉も無く、一向に結婚に踏み切ってくれない」という悲劇も発生しにくくなっています。

結婚の強みと弱み

ただし、ネットが結婚で万能かというとそうとは言えません。かつて、日本で良く行われていたお見合いは、知り合いを通じてのものであったため、性格や人柄、家庭環境がよくわかるシステムになっていいました。しかし、ネットを介した結婚の場合、性別、年齢、学歴、年収、身長、体重などあらゆるデータが定量的に登録されている反面、結婚後に大きな重要性を持つ性格や人柄といった定性的な面はわからないのです。また結婚では基本的にすべてのデータは自己申告制であるため、第三者が確認しておらず、虚偽の内容で申告することも可能だという決定的な弱点をもっています。

良い結婚とは?

良い結婚、それは言うまでもなく、満足のいく相手と成婚が可能です。決して婚活パーティーの楽しさや、会員数の多さではありません。お見合いパーティーの充実度を前面に出している結婚もありますが、強制的な全体ゲームに参加させられたり、フリータイムでの争奪戦に嫌気がさしている人も多いかと思います。そもそも結婚に入会する人は、普段の生活で自己主張が苦手な人が多いため、自己アピールは苦手で躊躇してしまうものです。この点と強力にサポートしてくれるのがアドバイザー、コンサルタントと呼ばれる結婚の担当者たちの存在です。どうしても引っ込み思案な人には、無理のない薦め方で興味を持てる会員を紹介したり、参加しやすいイベントやアクティビティーを進めてくれます。その会員をどうやったらゴールインさせられるのか、それこそが結婚アドバイザーの腕と言えます。いくら強力なコンピュータでのマッチングシステムを持っていても、実際に乗り越えなくてはならないのは異性との出会いと交際であり、これはいくら秀逸な検索システムや抽出データを渡されても、自分で乗り越えない限り、立ち止まったまま前進は見込めません。しかし、数多くの事例を持つ結婚コンサルタントは、会員の性格に見合ったアプローチを考えてくれます。

 

f:id:gagajpn:20160206192706j:plain

結婚の在籍期間の目安

結婚に入会したからといってただ万膳と過ごしていたのでは、無駄なお金の浪費と変わりません。結婚に入会したら、挙式の日取りが確定して、無事、寿退会するまでの期間について、目標を定めておかねばなりません。一般論になりますが、交際期間は5~6か月は必要だと言われています。実際にプロポーズの段階に入っても、そこからお互いの両親の承諾や式場の予約など、踏むべき段取りは少なくありません。一方、結婚に入会すると大体3か月ほどで理想の異性に出会える言われています。こういった全体スケジュールを考えると、結婚に入会したら、1年での目的他性が目安と言えるでしょう。

 

まとめ

孤独に生涯を過ごす恐怖を目の当たりにし、伴侶を求める人が増えた結果、結婚ビジネスが急速に成長し、中には東証一部に上場するほどの結婚もでています。しかし、現在の結婚はデータをベースにしたプロフィールマッチングが主体であるため、かつてのお見合いのように、人柄や性格と言った面が見えなくなっている点に注意が必要です。結婚の真の力はアドバイザーやコンサルタントと呼ばれる担当者の経験と腕であり、1年以内にゴールインできる成婚率を目安とすべきでしょう。結婚の価値は婚活パーティーの楽しさやデータマッチングシステムの充実度ではなく、結婚を勝ち取って、退会できる確率であることをしっかりと認識しておくべきです。

 


結婚

息子

女性の条件

女性の年齢

素直な女性

重視される条件

悩み

失敗

メリット

ブログ

トラブル

20代

容姿

無料

無駄

恋愛